カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

オプショナルアーツ、始めました。

仕事の話
2011.12.02
新しいプロジェクトを開始しました。
詳しくはこちらへどうぞ。

optional-arts project
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

初めての野球観戦

仕事の話
2008.07.23
一昨日の月曜日(7月21日)、生まれて初めて球場で野球観戦をしました。場所は福岡ヤフードームのスーパーボックス。試合はオリックス対ソフトバンクです。とはいっても、遊びではなくて仕事です。あるクライアントさんの仕事で、現在のヤフードームの映像を取っておく必要があったのです。撮影が7月21日になったのは、ヤフードームさん側のご配慮。この日から3日間「鷹の祭典」が行われるので、その初日に合わせてくださったというわけです。

試合開始は18時からだというのに、昼前からどんどん人が集まっており、なかなかの盛り上がりようです。私たちは昼過ぎから、ヤフードームの担当者の方の案内で撮影をこなしていきます。ドーム内で行われたファンサービスイベントの様子や、ドーム外観、ドーム内のいくつかの施設、応援合戦が繰り広げられている外野席の風景などが押さえられていきました。もちろん私は撮影クルーではないので、後ろからチョロチョロと追いかけているだけです。後でビデオシナリオを作るために、どのような撮影をしたのかを見ておく必要があるからです。

試合が3回裏に入るころには、撮影はほぼ終了。そこからは、ヤフードームさんのご配慮で確保していただいたスーパーボックスで、球場全体の撮影をしながら、試合観戦を楽しませていただきました。

ただ正直にいうと、私は野球にあまり興味がありません。球場内に入るのも完成前の東京ドームを見学して以来ですし(当時は建築学科の学生だったので)、テレビの野球中継も見たことはありません。実はこの日まで、オリックスは「ブルーウェーブ」だと思っていたくらい、野球にウトイんです。スコアボードに「Bs」とあったので、「ブルーウェーブなのになんでBsなんだろう」と思ったのですが、今はバファローズなんですってね。いやいや、無知をさらけ出してしまいましたよ。

それでも球場内の盛り上がりの臨場感は、とても楽しめるものでした。何万人もの人々が一体となっているのを見るのは、なかなかの感動です。また盛り上げるために、球場側もいろいろな工夫をしているんですよ。これは勉強になりますね。

たとえば試合開始前の選手紹介。オリックス側の紹介は地味なのですが、ソフトバンク側の選手紹介は、フルカラーの電光掲示板を使ったかなり派手なものです。それからこの掲示板を使った、ファンからの応援メッセージ。携帯電話から写真とメッセージを送信すると、その中から選ばれたものが、ソフトバンクの攻撃の時に表示されるのです。これはいいと思いました。

またこの日は観客全員に、ソフトバンクの黄色いユニフォームが配られていたのですが、ほぼ真っ黄色で埋めつくされた観客席というのも壮観でした。7回ソフトバンク側の攻撃で、観客席から一斉にとばされる黄色い風船も、なかなか豪快です。風船とばし直前の風景が、これです↓。

風船とばし直前

「野球観戦も悪くないなあ」。ほんとうにそう思いました。今回ご用意いただいたスーパーボックスは年契約1000万円だそうで、さすがにこれはムリだとは思うのですが、一般席での観戦ならアリかなと。でもですね、そう思ったのは7回の裏まで。試合が8回に入る頃には、もう飽きてきちゃいました。やっぱり野球観戦には、向いていない人間なんでしょうね。仕事での依頼がまたこない限り、これが最初で最後の野球観戦になるかもしれません。

とはいえ、なかなかいい体験をさせていただきました。クライアントさんとヤフードームさんに感謝。ほんとうにありがとうございました。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

新幹線か飛行機か

仕事の話
2008.02.13
前回、岩手県二戸へ取材に出かけた話をしましたが、明日は広島で取材です。昨日その事前ミーティングを都内で行い、広島の担当者もテレカンファレンスで参加されたのですが、天候が悪くて交通機関に影響が出ているという話を伺いました。明日は問題なく到着できるといいのですが。

地方に出かける時、交通機関の選択に悩むことがあります。特に広島くらいの距離になると、新幹線で行くのか飛行機を使うのか、なかなか微妙なところです。九州や北海道の場合には問答無用で飛行機ですし、名古屋くらいなら新幹線です。私の場合、大阪や神戸あたりも新幹線を使うことが多いです。で、ちょうど悩んでしまうのが、広島あたりなんです。

私以外の方は、東京から広島への移動に飛行機を使うケースが多いようですね。だいたい広島あたりだと、飛行機でも新幹線でもトータル時間があまり変わらないので、マイルを貯めることなどを考えれば飛行機に軍配が上がります。でも時間の使い方という観点で見ると、私は新幹線の方がよさそうな気がします。それはなぜなのか。

最大のポイントは、飛行機は新幹線に比べて、移動時間が細切れになりやすいということです。足立区に住んでいる私の場合では、まず羽田空港までの移動時間が東京駅までに比べて余計にかかる上、最短時間で行こうとすると2回乗り換える必要があります。さらに飛行場での待ち時間もありますし、搭乗してから離陸までの待ち時間もある。さらに向こうの飛行場に到着してからも、ほとんどの地方都市ではバスに乗る必要があります。そのためなかなかうまく時間を有効利用できないのです。

その点新幹線なら、移動時間全体の中で、新幹線の席に座っている時間が長い。まとまった時間を座ったまま過ごせるので、それなりに集中できるのです。まあ私の場合は、この時間を使って仕事をするなんてことはなく、読書をしたり落語を聞いたり、はたまた駅弁を食べたりという程度なんですが、それでもゆったりとした時間を持つことができます。広島までなら約4時間。往復で8時間の休憩時間だと思えば、悪くありません。

この時間を活かすため、私は新幹線に乗るときには、グリーン車を選ぶようにしています。のぞみ号であれば禁煙の8号車。この車両なら前後も禁煙車両だからです。グリーン車は座席が広い上、乗車率も低いことが多いので、比較的静かです。ときどき海外のビジネスマンが乗ってきて、大きな声で英会話を聞かされることもありますが、そのときはまあ仕方ありません。イヤホンで落語でも聞きながら、窓の外を眺めています。それから乗車率が低いということは、乗車直前でもチケットを確保しやすいというメリットもあります。もちろんグリーン料金は自腹です。交通費実費はクライアントに請求できるのですが、請求する時には普通車指定席の料金にしてあります。

それでは飛行機に乗る時にはスーパーシートを選ぶかというと、実はそうでもなかったりします。スペース的にゆったりしているのはわかるのですが、問題は背もたれの角度です。リクライニングしたときにはいいのですが、そうでないときにはシートの枕部分が立派すぎることもあり、まっすぐにしたときに首が前屈みになります。この姿勢がけっこう苦しいのです。しかも国内線の場合、リクライニングできるのは1時間ちょっとくらい。そのためスーパーシートの恩恵をあまり感じられないというわけです。

飛行機のもうひとつの問題は、便数が少ないことですね。そのため時間設定の自由度が小さくなり、待ち時間も長くなる。新幹線の方が、自由度が高いので助かります。

とはいえ、飛行機が嫌いなわけでもありません。むしろ好きな方かもしれない。空港の雰囲気も好きですし、搭乗してから離陸までのそわそわした時間も悪くない。海外に行くときはエコノミーですが、狭い座席でガイドブックを眺めながらもぞもぞするのも、実は結構嫌いではなかったりします。だから国内出張の時も、九州や北海道はちょっと嬉しかったりもします。

というわけで(ってどういうわけで?)、明日の広島取材は新幹線で行くことにします。いまちょうど、グリーンスパンの「波乱の時代」の下巻にさしかかったところなので、これを移動時間のお供にします。それからiPod touchにも映画を2本と落語を100本ほど。駅弁はなにを選ぼうかな。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

オフィス引っ越します。

仕事の話
2008.01.08
 突然ですが、オフィスを引っ越します。

 昨年2月に中央区湊にマンションの一室を借りて、これまでここをオフィスとして仕事をしてきました。でも昨年12月、自宅から7~8分のところに新築マンションの賃貸物件を見つけたので、そこに移ることにしたのです。

 引越の目的は大きくふたつあります。

 ひとつはコスト削減。やっぱり都心に近い中央区よりも、自宅のある足立区の方が賃料は安い。今のオフィスの家賃は月額16万ですが、新しいところはちょっとスペースが広くなるにも関わらず、月額12万5千円と安くなります。

 それから自宅から近いと通勤交通費もかかりません。最初の頃は仕事も暇だったので、毎日のように自転車で通っていたのですが、最近は電車通勤が多くなっています。朝から30km走ってしまうと、身体が気持ちよく疲れて幸せな気分になって、半日くらいアタマが動かないんです。それでも週に1回くらいは自転車にしていたのですが、仕事が忙しくなるとなかなか難しい。

 もし1ヶ月22日電車通勤するとなると、1ヶ月で2万5千円くらいかかります。先ほどの家賃の差額を加算すると、1ヶ月で約6万円の節約になります。これは大きいでしょう?

 もちろん引越にかかるコストや一時的な二重家賃、新しいオフィスの礼金や仲介手数料、エアコンや照明器具のコストはかかりますが、これらをあわせても50万円くらいですから、8~9ヶ月で元がとれる計算になります。

 もうひとつの目的は、時間の有効活用です。通勤時間が往復で2時間短縮できるのですが、それ以上に「仕事がしたい」と思ったときにすぐオフィスに行けるのが、最大のメリットです。最近の仕事は企画とか文章書きがメインになっているので、思い立った時にすぐ仕事に取りかかれるというのは、結構大事なんです。

 そもそも中央区にオフィスを構えたのは、昨年2月の時点では次の仕事が見えていなかったからです。また新しいビジネスを起こすなら、やはり都心に近いところが便利ではないかと考えたんですね。それに実際、このオフィスでミーティングを行ったり、知り合いとの勉強会の会場にもしたので、それなりに役に立ちました。

 でも結果的には、ひとりでオフィスに籠もることの多い仕事になったので、都心にオフィスを構える必要はなくなったわけです。新しい仕事の流れができたのは昨年10月頃なので、引越のタイミングとしてはちょうどいいのかもしれません。

 ということで、今は引越の準備中。1月10日に引越業者に来てもらい、荷物を運び出します。すでに新オフィスのBフレッツは開通していて、ネット環境の準備はOK。電話回線も11日に移設されます。今週はバタバタしていますが、来週には新しいオフィスもそれなりに落ち着いているはずです。

 それから、ブログのタイトルも変えました。最近はブランディング以外のネタが多いので「ブランディング」を取っちゃいました。

 ということで、新年早々慌ただしい状況ですが、今後ともよろしくお願いします。今年もいい年になりますように。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

今年の仕事を振り返る

仕事の話
2007.12.26
 今年もあと5日で終わりです。ここで1年間の仕事を簡単に振り返ってみたいと思います。仕事を本格的に再開したのは9月からなので、まだそれほど多くの仕事を手がけたわけではないのですが、いちおう1年の区切りということで。

 なお一部のクライアント名や細かい作業内容は記述していません。それから文中にある「ページ数」は、A4雑誌換算のページ数です。文字数でいうと、1ページでだいたい1600文字前後というところでしょうか。

1.「ドクターコムロ」ブログ
http://drkomuro.blog105.fc2.com/
このブログで述べた「パーソナリティ・ブランディング」の考え方に基づいて、美容外科医院の院長先生のブログ制作のお手伝いをしています。着手したのは今年5月から。最初は実験的な意味もあったので無料でやっていたのですが、9月から料金をいただくようになりました。ウィークリーでエントリーを更新していて、今週で32回になります。この案件の延長として、医院のホームページのリニューアルの相談もいただいています。

2.「週刊デジもの」
http://digimono.typepad.jp/weekly/
今年の夏から秋にかけて、「ものづくり情熱立国セミナー」というオートデスク社と大塚商会の全国縦断タイアップセミナーがあったのですが、そのレポートをネット上でやるために立ち上げたサイトです。このブログで述べた「コアコンテンツ」の考え方に基づき、週刊サイトとして運用することを提案。コンテンツを短時間でアップするためブログシステムを採用しました。今年9月からスタートし、セミナーが終わってからもサイト更新が続いています。来年も続く予定です。

3.「ものづくり情熱立国」小冊子制作
「週刊デジもの」から派生したコンテンツの制作案件です。「週刊デジもの」に掲載したコンテンツを元にリライトを行い、小冊子の形式にまとめています。この冊子はオートデスク社と大塚商会が配布しているはずです。

4.大手コンピュータベンダーの新コンセプトプロモーション
某外資系大手コンピューターベンダーのコンサルティング部門からのご依頼で、同社が提唱する新コンセプトのプロモーション企画を、今年10月から手がけています。前述の「コアコンテンツ」の考え方に基づき、まずWeb上に中核となる“中身の濃い”コンテンツを作成し、そこからタイアップ記事やe-Learning用コンテンツをスピンアウトしていく、という内容です。いろいろと事情があって作業はゆっくりと進められているのですが、とりあえずこれまでに12ページ分のコンテンツを制作しています。

5.大手ソフトウェアベンダーの事例紹介
外資系ソフトウェアベンダー(おそらく世界最大手)の導入事例の原稿をいくつか書きました。これは主にパンフレット形式で配布されるもので、8ページものを2本、4ページものを3本、合計28ページ分を納品しています。

6.大手ネットワーク機器ベンダーの事例紹介
外資系ネットワーク機器ベンダー(おそらく世界最大手)の導入事例の原稿を書きました。このお客様とは以前からおつきあいがあるのですが、今年はとりあえず1本、4ページ分です。某大手自動車メーカーへの導入事例です。

7.大手ネットワーク機器ベンダーの会社案内制作
上記の「6」と同じクライアントの、会社案内の制作です。ここの会社案内も以前から手がけていたのですが、「東京ベジタ」をやっていた昨年は担当していません。今年はなんとかカムバック、といったところです。主な作業は前年との違いの改訂です。

8.大手コンサルタント会社の人材募集コンテンツ
某コンサルタント会社の人材募集に関するコンテンツを作成しています。テーマは「当社が求めるITアーキテクト像」。「コアコンテンツ」の考え方に基づいており、コアとなる原稿(6ページ分)と、そこから派生したタイアップ原稿(1ページ分)を納品しています。

9.パソコンベンダーのサイト掲載のコンテンツ
某外資系パソコンベンダー(おそらく世界最大手)のサイトに掲載する原稿を執筆しました。分量は4ページ程度です。

10.エンジニアリング企業のイベントレポート
日立系エンジニアリング企業のイベントレポートを制作しました。コピーライター時代には、日立製作所のソフトウェア製品の広告コピーのほとんどを手がけていたのですが、その頃におつきあいのあった方からお話をいただきました。掲載媒体はこの会社が発行する機関誌(というのかな?)で、7ページ分の原稿を納品しています。

11.日経BP社の広告特集/タイアップ記事
日経BP社の雑誌に掲載する広告特集の原稿と、タイアップ記事の原稿をいくつか作成しています。広告特集用の原稿は34ページ分、タイアップ記事は26ページ分です。ちなみに「日経ビジネス」12月10日号にも、私が書いた原稿が4ページ分掲載されています。

 「東京ベジタ」以前のコピーライター時代に比べるとまだ少ないのですが、4ヶ月間に手がけた仕事量としては、まあまあではないかと思います。お仕事を回してくださった皆さま、本当にありがとうございます。今後もこの調子で足元を固めながら、仕事を進めていきたいと考えています。

 というわけで、今年の更新はこれでおしまい。みなさま、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。