カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

iPod touch、今はこんな感じ

iPod touch
2007.11.28
iPod touchの話題が続いていますが、
今回もまだ続きます。

最初の頃は、CDを100枚くらい転送したり
手持ちのDVDを変換して転送したりして
ちゃんとAVプレイヤーとして使っていたのですが
最近ではCDとかDVDは消してしまいました。

メモリーの使用状況は以下のとおり。

20071128131802.jpg

オーディオに1.74GB、ビデオに2.42GB使っていますが
これらはぜんぶ、ポッドキャストです。
いま購読しているのはこんなラインアップ。

■オーディオ
・GROOVE LINE Podcast
・SCHA NVA
・SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI
・お台場寄席
・みうらじゅんの「サブカルジェッター」
・安住伸一郎の日曜天国
・浅草キッド 全国おとな相談室
・眞鍋かをりのTokyo Local
・日本経済新聞総合版

■ビデオ
・Blue Man Group Video Podcast
・ぽっどきゃすてぃんぐ落語
・日経朝刊解説
・グラフィックデザイン学科特別講義
・南原竜樹の未来時事通信

「その他」の2.58GBは、ほとんどがWebページや辞書のデータです。
Webページは、青空文庫、杉田玄白プロジェクトなど。
辞書は日本語版Wikipediaと英辞郎を入れています。

アイコンもカスタマイズしちゃいました。

20071128131844.jpg

20071128131854.jpg

天気や株価のアイコンが意味不明なのは、まあ愛嬌ということで。
このふたつは http://www.hybridworks.jp/ からダウンロードしました。
けっこう気に入っています。
ちなみに株価のアイコンは、茶柱が立っているところがミソです。

使い方も、だいたい次のような内容で安定してきました。
 ・Webブラウザ
 ・メールビューワー
 ・スケジュールビューワー
 ・電子辞書
 ・ポッドキャストプレイヤー

オフラインのデータがかなりあるので、移動中も退屈しません。
スケジュールの確認もすぐにできます。
以前はノートパソコン(SA1F)を持ち歩いてましたが
最近ではもう、iPod touchを胸ポケットに入れるだけです。
取材や打ち合わせがなければ、だいたい手ぶらで電車に乗ってます。

ということで、iPod touchネタもそろそろ区切りをつけようかな。
そうそう、ブログのタイトルも、そろそろ変えなくっちゃ。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

Wikipedia on the Hand

iPod touch
2007.11.21
まだiPod touchネタが続きます。
iPod touchに1.4GBのWebページを放り込んだのですが
さらにエスカレートして、Wikipediaを入れられないかなあと。
いつでもWikipediaが見られるようになれば
ちょっとした調べモノには便利ですよね。

そこでまず試したのが、前回ご紹介した
「Website Explorer」によるダウンロードです。
夜、帰宅する前に動かしはじめて、そのまま一晩放置。
翌朝見てみると、1%しか解析が進んでいません。
1%といっても本当に1%であるわけではなくって
1%未満ということです。
0.5%なのかもしれませんし、0.1%なのかもしれません。
半日放置して1%未満ということは、
楽観的に計算しても50日以上かかることになります。
この方法は現実的ではないということで、とりあえずSTOPです。

次に試したのが、iDicというアプリケーションを使う方法です。
iDicとはiPod touchで動くEPWINGビューワーで
WikipediaのデータをEPWING形式にすることができれば
iPod touchで見られるようになります。
Wikipwdiaのテキストデータはダンプデータとして公開されていますし
それをEPWING形式に変換する方法も、ネットで公開されています。
いくつかのサイトでそのやり方が紹介されていますが
私はこのサイトを参考にさせていただきました。

http://mac-mini.ddo.jp/~LuckyStrike/wp/?p=454

このサイトを見ていただければわかるのですが
UNIX(というかLinux)コマンドを使うので
まずいつも使っているWindows XPマシンにCygwinをインストールします。
Cygwinは数年前に、H8のアセンブラで遊んでいた時に使っていましたが
その後、まったく使わなかったので、ほんとうに久しぶりです。
とりあえずCygwinのサイトから最新版をダウンロードして、
インストールを開始します。
ここでちょっとだけTips。
デフォルトではpatchコマンドがインストールされません。
そこでインストール時に表示される「Select Package」の画面で
インストールするパッケージを選択する必要があります。

20071120181549.jpg

でも将来どのパッケージが必要になるかわかりませんし
ディスク容量はまだ余裕がたっぷりあるので
全部インストールすることにします。

20071120181613.jpg

後はサイトの手順に従ってWikipwdiaのダンプデータをEPWING化し
SFTPでiPod touchに転送すればOKです。
変換時間は Core2 Duo E6550 2.33GHz + 2GBメモリーで約3時間、
転送時間は1時間半ちょっと、といったところでした。

これでうまくいったので、さらに英辞郎もEPWING化して放り込みました。
複数の辞書を串刺しにした検索ができるので、かなり便利です。

例えば「ブランディング」を検索すると・・・

20071120181635.jpg

20071120181645.jpg

なんだ?ブランディングガメって・・・

20071120181707.jpg

図版や写真は見られませんが、テキストだけでもかなり便利です。

iDicはまだバージョンアップが続いているみたいで
最新バージョンではエントリー間のリンクもサポートされています。
ただまだ動作が不安定らしいので、次のバージョンに期待。
こんな便利なアプリケーションを作ってくれた方に、感謝、感謝です。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

20年会・Lighttpd設定・青空文庫まるごと

iPod touch
2007.11.14
去る11月10日、大学同窓の「20年会」なるものがありました。
ちょうど「東大ホームカミングデイ」が開催されたことに合わせて
久しぶりに本郷キャンパスの敷地内に集まったんです。
もう大学(学部)を卒業してから20年も経つんですね。
みんなそんなに変わっていないので、あまり実感がわかないのですが
着実にトシを取っているというわけです。

私は出身学科は建築なのですが、
就職した先もその後も建築とは無縁の仕事なので
同窓生のみんなとは、あまり仕事の話をしてもわかりません。
でも40過ぎると個々の仕事の話よりも
業界全体の話とか、人の使い方のように
他の世界の人間でも参加できる
ポータビリティのある話が多くなってくるようです。
久しぶり(ほぼ3年ぶり)にみんなに会ったのですが、
けっこう楽しく過ごすことができました。

さて今回も、本題はiPod touchのカスタマイズです。

Lighttpdをインストールすることで
Webページを転送しておけば、どこででも見られるようになったのですが、
格納されるページ数が増えてくると、今度はその管理が面倒です。

最初はWebページをPCで保存して、SFTPでiPod touchに転送して、
iPod touchのSafariでローカルサイトのURLを入力して、
すかさずブックマークに登録、ということをやっていました。
でもこの方法では、ページ毎にブックマーク登録を行うので
作業がとても面倒です。
それにブックマークの数が増えすぎて、ワケがわからなくなる。
時刻表や地図のように何度も見るものならいいのですが
一度見たらそれでOKといったものまでブックマーク登録するのは
なんだか無駄な作業かな、という気もします。

そこで、ふたつのアプローチで、この問題を解決することにしました。

ひとつはHTTPサーバのディレクトリリスティングをONにして
Safariをファイラのように使うことです。
デフォルトではOFFになっていますが、Lighttpdの設定ファイルに

  server.dir-listing="enable"

と書けば、ディレクトリの内容がリスト表示されるはずです。

そこでまず、ネットでLighttpdの情報を収集。
通常は /etc/lighttpd/lighttpd.conf が設定ファイルになるらしいので
/etc の下を探します。
でもそれらしいものはありません。

20071113150301.jpg

まあ、実装によってファイル配置の場所が変わるのはよくある話です。
次はルート直下から、lighttpd.confというファイルをサーチします。
UNIXエンジニアだった頃はよくfindコマンドを使っていましたが
iPod touchで使えるfindコマンドはオプション書式がずいぶん違います。
でもzshのlsの機能がかなり強力なので、これを使うことにします。

20071113150329.jpg

へっへっへ、見つけましたぜ。
では早速、エディタで設定を追加しましょう。

20071113150349.jpg

これでiPod touchを再起動して、Safariでローカルホストにアクセスすると・・・

20071113150409.jpg

ディレクトリリストが表示されました。
あとはファイラのように、目的のファイルをタップすれば
そのページが表示されるわけです。

で、もうひとつのアプローチが、サイトを丸ごと転送するという
やや力業を使った方法です。
サイトを(特定のディレクトリ以下でもいいのですが)丸ごと入れて
インデックスページだけブックマークを付けておけば
残りのページはインデックスから飛べるようになります。

そのためにはまず、PCにWebサイトを丸ごと
ダウンロードできるツールを探す必要があります。
これもネットで調べて「Website Explorer」が良さそうだということで
早速ダウンロード&インストール。
「青空文庫」のダウンロードにチャレンジしてみます。

ファイル数が多いので、ページ解析にかなり時間がかかります。
時間をちゃんと計ったわけではありませんが、
ほぼ半日がかりの作業になります。
もちろん実際の作業はソフトに任せているので
私自身がやることはありません。
解析&ダウンロード中は、まじめに仕事をしていればいいのです。

トップページからぜんぶダウンロードしたのですが
ファイル総数は約2万7000個、容量は約650MBになりました。

20071113150442.jpg

さて問題は、これだけの数のファイルを
iPod touchが受け入れてくれるのかどうかです。
一般的なOSにとっては数万個のファイルは決して多くありませんが
MacOS Xとはいえそのサブセットとなると、どうなのでしょうか?
実際やってみると・・・無事すべてのファイルが転送できました!

それではSafariで見てみましょうか。

20071113150503.jpg

おお、青空文庫だ。これで電車の中でも読めるぞ。
ベタなところで、夏目漱石の「吾輩は猫である」を選ぶと・・・

20071113150524.jpg

さすがにすべて読み込むまでに若干の時間はかかりますが
読み込み中でもスクロールなどの操作ができるので、問題なし。
縦表示では字が小さいかな、という感じですが、
横表示にすると、まったく問題なく、快適に読めます。
(ブログの画面幅がちょっと足りないので、横向きで失礼)

20071113150546.jpg

実はこれをやる前に、Booksというアプリケーションで
「吾輩は猫である」を読めるかどうかにもチャレンジしたんです。
HTMLファイルをとあるディレクトリに転送しておけばOKなのですが
表示までにかなり時間がかかる上、その間は操作できず、
しかも時々、途中でアプリが落ちてしまいます。
どちらかというとSafariで読む方が、実用性が高そうです。
ファイル転送の手間も1回で済んじゃいますしね。

さあ、気に入ったサイトをどんどん突っ込んじゃえ!
ということで、気がついたら合計約5万ファイル、
1.4GBのデータを転送していたのでした・・・。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

脱獄後のiPod touch

iPod touch
2007.11.07
まだiPod touchネタが続きます。
脱獄(Jailbreak)のその後です。

前回、脱獄していちばん嬉しいのは
Webページをローカルで持てることだと言いましたが
バスの時刻表とか、鉄道マップ等を放り込んで、便利に使っています。
それから移動中の暇つぶしにも良さそうなので
気に入ったWebサイトもちょっとだけ入れてます。
たとえば「今日の早川さん」とか。
(書籍化されたものも買っちゃったんですけどね)

LocalhostのWebページを楽しんでいるところ

でもこのCOCOさんって人、すごい勢いでブログを更新していますね。
しかも内容のクオリティも高い。
どんな仕事をやっている人なんだろう?

ちなみにiPodの後ろに見えるのは、革製のカードケース。
両面テープで貼り付けて、iPodを手帳のように使ってます。

それからローカルホストの指定方法は
「localhost」ではなく「127.0.0.1」の方がいいです。
http://localhost/××.htmlと記述すると
ネット接続が切れている時に「サイトが見つからん」と怒られます。
DNSで名前解決ができないからですね。
/etc/hostsでlocalhostを定義すればいいのかな?
まあいいや、どっちでも。
IPアドレスを直接書いても、そんなに手間じゃないし。

中身がほぼUNIXなので、他の遊びもいろいろできます。
たとえばRubyでプログラミングとか。
インストーラーでRubyを入れてみました。

Rubyを入れてみた

おきまりの「Hello Ruby!」を実行したところ。
面白いことができそうですね。
でも、対話型のirbを実行すると、エラーになってしまいます。

irbはエラーになる

ググッてみると、どうやらこれはメモリー不足が原因らしい。
フラッシュの領域はまだ余っているので、
仮想記憶領域を拡張すればいいと思うのですが
iPod touchでは、どうすればいいのでしょうか?
知っている人がいたら、ぜひ教えていただきたいのですが・・・

irbが動かないので、とりあえず eval.rb で遊んでみます。

とりあえずeval.rbで遊んでみる

悪くないですね。
UNIX+C言語でガリガリやっていた十数年前からこっち、
あまりプログラミングはやっていないのですが
ちょっと本格的にRubyの勉強でもしてみようかという気になっています。

そうなると欲しくなるのは、やっぱりviエディタ。
もう十年以上使っていないのに、まだ指が覚えています。
touchでそのままvi(実際にはvimというものらしいが・・・)を起動すると
「vt102なんてターミナルは知らないぜ」と言われてしまうのですが
そこは適当に、xtermあたりに設定して起動してみます。
英語キーボードで使っている限り、それなりに使えそうです。

viがうまく動かない・・・

でも上の画面でも書いているように、既存ファイルの編集がうまくいきません。
vimは起動するのですが、ファイルの内容が表示されないのです。
これはなぜなのか・・・?
ネットで調べているのですが、原因がよくわかりません。
これも誰かわかる人がいたら、教えて欲しいです。
まあ、TextEditorがあるので、逃げ道がないわけではないのですが。

こんな感じで、ちっちゃなコンピューターとして便利に使っています。
もちろん音楽や動画も楽しんでいますが
どちらかといえばそちらは、私にとっておまけみたいなもの。
メモのデータベースもWindows XP上で見られるようにしたし、
PIM&Webブラウザ&おもちゃとして
立派に邪道を歩んでいます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。