カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

減量作戦経過報告&自転車パンク

自転車
2008.07.30
7月16日にアップした「太ってきたので」で申し上げたとおり、体重が増えて75.2kgになったため、7月14日から自転車に乗り始めています。走るのは基本的に早朝、約30km。出張があったり、あえて休む日を設けたりで、実際に走っているのは週に5~6日の割合なのですが、今日までの17日間で走行距離が400kmを超えました。

で、体重がどうなったのか。まだちょっと早いのですが、経過報告です。

まず最初の1週間は、0.5kgほど軽くなったあと体重が増大し、75.8kgに。これは脂肪が筋肉に変わり始めた兆候だと思います。その後徐々に体重は減り、今朝は73.8kgになっていました。とりあえず1.4kgの減量です。ピーク時から見ると、2kg減となりました。

75.2kg → 75.8kg → 73.8kg

まだ食餌制限をしていないのですが(夜はプチ宴会状態)、しばらくはこのペースで自転車に乗って、脂肪を筋肉にしていきたいと思っています。身体がある程度慣れてきたら、適当な期間を設けて食餌制限することも考えています。

とまあ、減量作戦の走り出しはそこそこ順調です。しかし今朝、事件は起きました。いつものとおり5時に起きて自転車に乗り、8kmを過ぎたところで、前輪がパンクしたのです。

いま装着しているタイヤはツーリング向けの、軽いブロックパターンのあるものなのですが、このブロックパターンの凹んでいるところからシューと空気が漏れる音がしました。以前、四国ツーリングで釘を踏み抜いた時は「パシューン」と勢いよく空気が抜けたのですが、今回はゆっくりと地味な抜け方です。「抜けきる前にどこまで走れるかな」と、しばらく走ってみましたが、数百mで無理そうだと判断。荒川サイクリングロードの土手でチューブを交換することになりました。

以前タイヤを交換してから1年ほど経っていますし、それから3~4000kmは走っているので、そろそろタイヤの交換時期なのでしょう。「どうせ雨の日は乗らないからスリックタイヤにしたいなあ」と思っていた矢先だったので、まあいいタイミングだと、いえないこともありません。

ということで、今日はタイヤを買いに行くことに決定。軽く仕事をして、夕方くらいから上野に行こうかと思っています。

自転車って、トラブルもまた、楽しいんですよね。修理とか部品交換とか、けっこう自分でいじれるところがいいんです。ケイデンスを一定にしやすくするため、次はナローレシオのギアに交換したいなあ、なんてことも考えています。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

初めての野球観戦

仕事の話
2008.07.23
一昨日の月曜日(7月21日)、生まれて初めて球場で野球観戦をしました。場所は福岡ヤフードームのスーパーボックス。試合はオリックス対ソフトバンクです。とはいっても、遊びではなくて仕事です。あるクライアントさんの仕事で、現在のヤフードームの映像を取っておく必要があったのです。撮影が7月21日になったのは、ヤフードームさん側のご配慮。この日から3日間「鷹の祭典」が行われるので、その初日に合わせてくださったというわけです。

試合開始は18時からだというのに、昼前からどんどん人が集まっており、なかなかの盛り上がりようです。私たちは昼過ぎから、ヤフードームの担当者の方の案内で撮影をこなしていきます。ドーム内で行われたファンサービスイベントの様子や、ドーム外観、ドーム内のいくつかの施設、応援合戦が繰り広げられている外野席の風景などが押さえられていきました。もちろん私は撮影クルーではないので、後ろからチョロチョロと追いかけているだけです。後でビデオシナリオを作るために、どのような撮影をしたのかを見ておく必要があるからです。

試合が3回裏に入るころには、撮影はほぼ終了。そこからは、ヤフードームさんのご配慮で確保していただいたスーパーボックスで、球場全体の撮影をしながら、試合観戦を楽しませていただきました。

ただ正直にいうと、私は野球にあまり興味がありません。球場内に入るのも完成前の東京ドームを見学して以来ですし(当時は建築学科の学生だったので)、テレビの野球中継も見たことはありません。実はこの日まで、オリックスは「ブルーウェーブ」だと思っていたくらい、野球にウトイんです。スコアボードに「Bs」とあったので、「ブルーウェーブなのになんでBsなんだろう」と思ったのですが、今はバファローズなんですってね。いやいや、無知をさらけ出してしまいましたよ。

それでも球場内の盛り上がりの臨場感は、とても楽しめるものでした。何万人もの人々が一体となっているのを見るのは、なかなかの感動です。また盛り上げるために、球場側もいろいろな工夫をしているんですよ。これは勉強になりますね。

たとえば試合開始前の選手紹介。オリックス側の紹介は地味なのですが、ソフトバンク側の選手紹介は、フルカラーの電光掲示板を使ったかなり派手なものです。それからこの掲示板を使った、ファンからの応援メッセージ。携帯電話から写真とメッセージを送信すると、その中から選ばれたものが、ソフトバンクの攻撃の時に表示されるのです。これはいいと思いました。

またこの日は観客全員に、ソフトバンクの黄色いユニフォームが配られていたのですが、ほぼ真っ黄色で埋めつくされた観客席というのも壮観でした。7回ソフトバンク側の攻撃で、観客席から一斉にとばされる黄色い風船も、なかなか豪快です。風船とばし直前の風景が、これです↓。

風船とばし直前

「野球観戦も悪くないなあ」。ほんとうにそう思いました。今回ご用意いただいたスーパーボックスは年契約1000万円だそうで、さすがにこれはムリだとは思うのですが、一般席での観戦ならアリかなと。でもですね、そう思ったのは7回の裏まで。試合が8回に入る頃には、もう飽きてきちゃいました。やっぱり野球観戦には、向いていない人間なんでしょうね。仕事での依頼がまたこない限り、これが最初で最後の野球観戦になるかもしれません。

とはいえ、なかなかいい体験をさせていただきました。クライアントさんとヤフードームさんに感謝。ほんとうにありがとうございました。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

太ってきたので

自転車
2008.07.16
日曜の朝、久しぶりに体重を量ってみたら、75.2kgでした。適正体重は人によっても違いますが、これは私にとってかなりの重さです。実は自分史上、最も重い体重になってしまいました。

太ってきた理由は、だいたいわかります。

まずひとつは運動不足。5月に入ってから、仕事の合間にプログラミングをしていたため、あまり自転車に乗っていません。いざ乗ろうと思うと天気が悪かったり。雨の日は怪我の危険性が高くなるので、自転車に乗らないことにしています。そんなこんだで、運動しない日々が2ヶ月余り続きました。

もうひとつは晩酌です。毎晩のようにビールやワインを飲んでいたのですが、飲むと食欲魔人になってしまい、いろいろと食べてしまいます。つまみがなくなると、ペペロンチーノとかエビのオリーブオイル炒めとか自分で作ってしまい、毎晩ひとりで宴会状態です。

しかし自分史上最大体重は、やはり一大事です。なんとかしておかないと、長期的に体調が悪化していくでしょう。そこで生活パターンを、根本から見直すことにしました。

まず毎日、何らかの形で運動すること。1日24時間のうち、10%を運動に投資することに決めました。自転車で30km走れば1時間半~2時間。これに軽い筋トレを加えれば、運動量はそれなりに確保できます。問題はどの時間帯にするか。以前は夕方に時間が空いたときに自転車に乗っていたのですが、これはもう現実的ではありません。そこで朝早めに起きて、自転車に乗ることにします。

晩酌については、とりあえず朝早く起きるため、早寝をすることで対応しましょう。いつも0時くらいまで飲んでいましたから。

ということで、今週アタマから自転車を再開しています。思い立ったらなんとやらで、月曜日は夕方に時間ができたので早速荒川を走ってきたのですが、運悪く夕立に遭ってしまいました。昨日からは朝ノリに切り替えています。今朝は5時に起きて、腕立て、腹筋、ストレッチをしてから30km走ってきました。暑くなる前なので、なかなか爽快です。

目標は2ヶ月で、68kgまで落とすこと。去年の春はそれくらいの体重だったので、なんとかそこまで戻したいと思っています。2ヶ月後という時間設定は、そのころに健康診断があるから。診断結果に「E」とかつけられると気分が悪いじゃないですか。

というわけで、3日坊主にならないよう、がんばらねば。大学生の頃は55kgだったんですが、さすがにそこまで戻すのは、う~ん、ムリだろうなあ。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

モール間の連絡バスなんてどお?

ビジネスプラン
2008.07.05
今回はビジネスのアイディアです。

私が住んでいるところは足立区の北のはずれなのですが、ちょっと車を走らせると、西新井アリオ、川口アリオ、イオンモール川口グリーンシティ、イオンモール川口キャラ、イオン浦和美園ショッピングセンターなど、複数のモールにアクセスできます。それぞれ少しずつ個性が違うので、モールのハシゴをすると面白そうだな、なんて思うのですが、家族を車に乗せて駐車場の空き待ちをすることを考えると、ちょっとおっくうでもあります。

で、考えたのが、モール間を巡回するバスを運行したらどうか、ということです。例えば西新井アリオから出発して、川口アリオ、イオンモール川口キャラ、イオンモール川口グリーンシティ、イオン浦和美園ショッピングセンターと廻り、帰りはせっかくなので草加駅と竹ノ塚駅あたりにちょっと止まって、西新井アリオに戻ると、まあ、そんな感じです。

1周2時間くらいだとすると、5台のバスがあれば25分間隔で運行できます。これを土日に走らせれば、けっこう受けるのではないかと思ったのです。

バスの中にはデジタルサイネージを何台か入れて、次に停車するモールのテナント広告を動画で流します。広告に付随する音楽やナレーションも流します。モールに出かけるのは一種の遊びなので、その気分をもっと盛り上げてしまおうというわけです。

必要な初期投資は、バス5台とデジタルサイネージの設置費用など。中古だと200~400万円くらいで観光仕様バスが買えるみたいなので、内装費用を加えても1台あたり1000万円はかからないでしょう。これが5台で5000万円。バスの運転手を5人確保するのに、1ヶ月あたり200万円くらいでしょうか。それから駐車場代、燃料費、メンテナンスコストも必要です。これらが月に100万円かかるとして、年間維持コストは3600万円というところでしょうか。

収益はどこから得るか。できれば利用者には無料で乗って欲しいので、広告収入モデルがいいでしょう。5000万円を3年間で償却し、さらに年間3600万円のコストをまかなうには、年間で5500万円程度の広告費が必要です。1ヶ月あたり約500万円。100店舗を顧客にすることができれば、1店舗あたり月5万円の広告費です。

この広告モデルが面白いのは、リーチできる人数は少ないのですが、ターゲットがすでに「モールに向かう」という気分にあるため、コンバージョンレートが高くなりやすいという点にあります。月5万円出す価値、ありやなしや?

もちろんたくさんの人が乗ってくれないと、メディアとしての意味もなくなってしまうんですけどね。問題は買い物した後の荷物をどうするかだなあ。たくさん買い込む時は、やっぱり自家用車の方が便利ですからね。

まあ、私自身がこれをやるつもりはないんですが、ちょっと面白いと思いませんか? 面白くないかなあ。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

カテゴリーとタグ(2)

PCとかネットとか
2008.07.01
え~っと、前回の続きです。タグにはどのような問題があるかという話です。

最近はコンテンツを分類する手法としてタグを使うサービスが増えているのですが、タグにはいくつかの問題があると思います。前回はそのひとつとして、タグの漏れの話をしましたが、それ以上に大きな問題が残っています。それは「局所化」が難しいということです。分類の本質は「見るべき範囲を限定」することで目的のコンテンツにたどり着くまでのコストを抑制することだと前回書きましたが、タグではこれが意外と難しいのです。

タグによってコンテンツを絞り込むには、どのようなタグが実際に使われているのかを知る必要があります。見当違いなタグを指定してしまうと、目的のコンテンツにたどり着けません。タグを付ける側は思いつきでタグを付けられるので気軽なのですが、それを手がかりにコンテンツを探す側から見ると、タグを適切に選択しなければならないというコストがかかるわけです。しかもタグ全体が構造化されていないので、大量のタグの中から目的のタグを探す必要がある。つまり「構造化する必要がない」ということが、タグそのもののファインダビリティを低下させているわけです。

「タグクラウドならよく使われているタグが大きく表示されるよ」という指摘もあるかもしれません。しかし「よく使われているタグ」を見つけだすことは、目的のコンテンツにたどり着くための手法としては十分ではありません。そのタグは多くのコンテンツに付けられているというだけで、他のタグを無視してもいいということにはならないからです。むしろ小さく表示されているタグが、本当に必要なコンテンツに結びつけられているかもしれないのです。

また類似の意味を持つタグをグルーピングできれば、タグを手がかりにした検索の精度も高まるかもしれません。しかしそのためには、タグ同士の関係性を定義する必要があります。これはなかなかコストがかかります。言葉の意味から関係性を定義するには、現在の技術では、どこかで人間の判定が必要になると思われるからです。シソーラス辞書が整備されていれば、ある程度までは自動化できます。しかし上下関係にある言葉は、シソーラスだけでは関係づけることができません。いずれは解決すると思うのですが、現状ではまだ難しいと思います。

もちろんタグやタグクラウドにもメリットはあります。どのタグがよく使われているのかがわかれば、どのテーマに注目している人が多いのかがわかるからです。これはネット上での流行を追いかけている人にとっては、非常に魅力的です。みんながいま何を話題にしているのか、ひとめでわかります。またコンテンツ同士をつなぐキーワードとしてタグを使うことで、類似性の高いコンテンツの間を“サーフィン”することもできます。しかしこのような機能は、目的のコンテンツに低コストでたどり着くためというよりも、たどり着くまでのプロセスを楽しむためのもの、という側面が強いように感じます。いわば「ドンキホーテ」的な面白さです。

このような面白さを否定するつもりはありません。しかしコンテンツのファインダビリティという観点から見れば、あまり効果的なアプローチではないと思います。

私が「コンテンツ群をカテゴリー分けするWebアプリケーション」を作っている最大の目的は、価値のあるコンテンツに低コストでたどり着くにはどうすればいいのか、という課題を解決するためです。カテゴライズはそのための手法として、今なお有効だと考えているのです。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。