カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

定額給付金を拒否します。

未分類
2008.11.13
いま政府が議論している「定額給付金」ですが
私はその受け取りを拒否することに決めました。

「辞退」ではなく「拒否」です。なぜかといえば、
この政策は適切なものではないと判断するからです。
従って「反対の立場」を取ると同時に
万一この施策が実施された場合でも、
その結果の受け取りを拒否することを、
明確に表明しておきたいと思います。

我が家は子供が3人いるので、現在の想定では
一家で8万4千円受け取れる計算になりますが
受け取るべきではないオカネは、受け取れません。
これについては妻とも話をし、合意しています。

なぜこの施策が適切ではないと考えるのか。
私は政府が税金を使って行う施策は、
以下の2点をクリアすべきだと考えているからです。

(1)
その施策が「社会的な価値」を生み出すこと。
あるいは国民にとっての安全や最低限の生活を
保障するためのものであること。

(2)その施策を実現する主体者が、政府以外には考えられないこと。

例えば治水などの防災対策、全国規模の道路整備、
安全保障への取り組み、事業化が難しい基礎研究、
子供達に対する「機会均等」の実現などは
大きな社会的な価値を生み出すものであり、
何らかの形で政府がリソースを提供しないと
なかなか実現が難しいものだと思います。
また低所得者層へのセーフティネットや
適切な税制を通じた国民所得の再配分も
政府が関与すべきものだと思います。

しかし今回の施策は(1)の要件を満たしていないと思います。
税金として集めたオカネを再び国民に戻しても
それは単なるオカネの出し入れであり
その過程では何も価値を生み出しません。

「全国民定額」なので、セーフティネットでもありません。
また所得の再配分を意図しているのであれば
税制を改正するのがスジだと思います。

そもそも国民は、国家レベルでなければできない
社会基盤整備を実現してもらうために
税金を支払っているのではないでしょうか。
少なくとも私はそう考えています。
だからこそ「定額給付金」のようなものに
リソースを費やして欲しくないのです。
こんなことを行う前に、行うべき施策は数多くあります。
「定額給付金」によってそのリソースを減らすのは
適切なマネジメントだとはいえないと思います。

「定額給付金」の議論の中には
自治体への丸投げやら、事務的負担やら、
その実現性を問うものも少なくありませんが
そもそも施策自体が適切ではないと思うのです。

もちろん「定額給付金」という施策を
適切なものだと考える方もいるかも知れません。
政府が何を行うべきか、という議論には
様々な意見があってしかるべきだと思います。
でもこの施策がいったい何を生み出すのか、
その事務処理に必要なコストに見合う価値なのか
よく考えた上で、判断していただきたいのです。

もしあなたが「定額給付金」が適切でないとお考えなら
ぜひ「定額給付金拒否(辞退ではない!)」の表明を
していただけないでしょうか。
「施策には反対」だけど「もらえるものはもらう」というのは
できれば止めていただきたいと思うのです。

もちろん
「そんなことはこちらの勝手でしょ」
というご意見もあるでしょう。
でも結局のところ、私たちの未来を決定するのは
私たちの判断と行動の積み重ねです。
もし「定額給付金」を受け取ったのであれば
あなたはその施策に「結果的に賛成」したことになります。
余計なお世話かもしれませんが、そういうことです。

政府は「定額給付金」のようなものではなく
もっと意義のある施策にリソースを費やして欲しい。
私は切にそう願っています。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。