カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

ブランドの定義を考える(4)~パターン化を試みる

ブランディング試論
2007.07.05
さて「ブランドの定義を考える(2)」で示したふたつめのグラフを
ここでいまいちど眺めてみましょう。

「ブランドの定義を考える(2)」のふたつめのグラフ

グラフの形はほぼ三角形になっている。
前回はこの点に着目し、
三角形の面積=底辺×高さ という数式に基づいて、
ブランド力を高めるふたつのアプローチを考えました。

それではグラフの形が三角形なのは、何か本質的な意味があるのか。


実は“三角形であること”には、特に重要な意味はありません
このグラフは、f(p)の値を乱数で発生させて作成しました。
ここで0から1までの値が均等に発生する乱数を使ったため
たまたまグラフの形が三角形になっただけなんです。

実際のf(p)の値のパターンは、必ずしも乱数表と一緒だとは限らない。
もちろんf(p)が測定できるのか否かという大問題は残っているのですが
もし仮に測定できるとした場合、
f(p)のパターンは対象となるブランドによって
さまざまな形を取るはずです。

ここで着目したいのが、f(p)の分布パターンによって
ブランド力の特性に差が出るのではないか、ということです。
このグラフはf(p)の値の大きい順に並べてグラフを作っているので
左から右に向かって値が下がっていくようになっているのですが
その下がり方のパターンに、なんらかの意味を見い出せるのではないか。

たとえばここで、pの数とf(p)の最大値は同じで
数値の下がり方の異なるグラフをふたつ見てみましょう。

「山岳型」のグラフ

「高原型」のグラフ

ここで暫定的に、上のパターンを山岳型、
下のパターンを高原型と呼ぶことにしましょう。
どちらの方がブランド力=面積が大きくなるかといえば
これは明らかに高原型です。
しかし、もし底辺の長さが高原型に比べて非常に大きければ
山岳型のパターンでも、高原型と同等の面積を持つことができる。

もちろんパターンはこのふたつだけではありません。
これらの他にもいろいろなパターンが考えられると思います。

多様なパターンが考えられる、で終わらせてしまうと
この後の議論が発散しやすくなる。
そこでパターンを構成する要素を、大まかに分けてみる、
というアプローチをとってみます。
早い話が次のようなS字カーブに近いグラフを作り、
グラフを構成するそれぞれの要素が
どのような意味合いを持つのかを考えてみるのです。

S字カーブのグラフ

ここでS字カーブを採用した理由はふたつあります。
ひとつは多くの自然現象や社会現象でS字カーブが出現すること。
もうひとつはS字カーブを使うと、いろいろなことが説明しやすいことです。
もちろん厳密にいえば、必ずしも必然性があるとはいえない。
まあ、トッカカリやすくするための便宜的な手段だとお考えください。

このS字カーブの構成要素をいくつかに分解し、
それぞれ何を意味しているのかを考えてみると
次のようになると思います。

S字カーブに意味を持たせると・・・

このように考えると、これまで見てきた3種類のパターンは
次のような特性を持っていると説明できそうです。
(言葉の使い方にいい加減な部分もありますが、
 そこはちょっとだけ目をつぶってください)

・三角形型
 コア顧客層が薄く、中間層の分布が均一で、その厚みが大きい。

・山岳型
 コア顧客層が薄く、中間層もそれほど厚くないが、認知度は高い。

・高原型
 コア客層が非常に厚く、中間層や裾野層が非常に少ない。

この他にも、コア顧客の評価が低く、裾野が極めて長いパターン(平原型)や
コア顧客層の厚みとと裾野が大きく、中間層が少ないパターン(段差型)など
いくつかのパターンを考えることができるはずです。

「平原型」と「段差型」

このようにグラフのパターンをいろいろ考えてみると、
ブランド力のあり方というものも多様なのだということが
なんとなくわかるのではないでしょうか。

同じ大きさのブランド力(ブランド価値)を実現するのにも
複数のアプローチがあることがわかります。
そしてこれによって、ブランドの多義性がなぜ起こるのかを
ある程度まで説明できるのではないかと思います。

スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。