カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

パーソナリティ・ブランディングの発想

ブランディング試論
2007.07.30
先週は、ブランディングのコア・コンテンツを作る上で
「ブログってけっこう使えるツールですぜ」
という話をしてきたのですが、
もちろん必ずしもブログを使う必要性はありません。

ここでの重要なポイントは、
コンテンツのダイナミズムをどのように実現するかであり
そのダイナミズムによっていかにしてリテンションを作り出すか
そしてそのリテンションの中で、いかにして読者を巻き込んでいくか
というところにあるわけです。

そこで考えなければならないのが、コンテンツの作り方です。
これはツール選択や仕組みの構築より、大切かもしれません。


ひとつのあり方として私が提唱したいのが
すでに以前のエントリーでご紹介した
「パーソナリティ・ブランディング」という考え方です。

私がいう「パーソナリティ・ブランディング」とは
あなたの会社や組織、キーパーソンの“パーソナリティ”を
継続的な情報発信やコミュニケーションで浮き彫りにしていくことです。
これによってあなたの会社や組織に興味をもつ人々を作り出し、
さらにその中から顧客やファンを生み出していこう、というのです。

たとえば芸能人が自分で書いているブログというものは
このパーソナリティ・ブランディングのひとつの形だと思います。
芸能人のファンは、その芸能人とより多くの接点を持ちたいと思っており
できれば表の顔だけではなく、舞台裏も覗きたいという願望もある。
このような“欲求”に応えることで、ファンの気持ちをさらに高め
“固定客”とのさらに強い関係を作ることができます。

「特に有名でもない会社の舞台裏をブログで披露しても
 ブランディング効果は期待できないのでは?」
もちろんおっしゃるとおりです。
社長が有名なら、その日常を見せる社長日記もアリですし
そのアピール効果もかなりあると思いますが
ほとんどの会社ではこの手法は使えないと思います。

でもコンテンツの作り方は、これだけではありません。

たとえばあなたの会社が特定分野の専門知識を持っているのであれば
その知識を提供することで、ブランディングに役立てることができます。
あるいはこれまでの経験から得た知恵をまとめて、
連載コラム形式で発信し続ける、というのもアリでしょう。
「ウチには専門知識なんてないよ」とおっしゃる方もいるかも知れませんが
ビジネスを継続的に行っている会社の中には
外部から見れば非常に興味深い知識が、数多く眠っているものです。
そして特定分野に詳しいということは、
明らかにあなたの会社の“パーソナリティ”の一部なのです。

またその会社が掲げているビジョンが、
強烈なパーソナリティになっているケースもあります。
この場合はビジョンを継続的に語り続けることで
そのビジョンに共鳴する人々を引き寄せることができます。

製品開発の方法論やプロジェクトの取り組み方に特徴のある会社なら
そのプロセスや進捗を発信するという方法もあるでしょう。
これは一見するとティーザー広告の亜流にも見えますが
しっかりと取り組めば、かなり長期的に、潜在顧客との絆を築けます。

これら3種類のブランディング・コミュニケーションの方法を、
ここで仮に
「ナレッジ・ブランディング」
「ビジョン・ブランディング」
「プロセス・ブランディング」

とでも呼んでおきましょう。
ちょっと、言葉の使い方にいい加減なところがありますが
まあ、許してください。
言いたいことは「パーソナリティ・ブランディング」にも
さまざまなアプローチがあるのだということです。

なお「パーソナル・ブランディング」という言葉もありますが
その意味は「個人のブランディング」です。
これに対して「パーソナリティ・ブランディング」は
会社・組織・キーパーソンの“パーソナリティ”を
継続的なコミュニケーションで浮き彫りにすることで
ブランディング効果を引き出す、という考え方です。

両者は言葉としてはとても似ているのですが
内容はかなり違いますので、ご注意願います。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。