カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

iPod touch、買いました。

iPod touch
2007.10.17
iPod touch、買っちゃいました。

話題のiPod touch、買っちゃいました。
先週金曜日、銀座のアップルストアで。
本当はポイントが貯まるので、ヨドバシアキバで買おうと思ったのですが
在庫がないらしく、予約受付中のPOPが。
そこで取引先へミーティングにいく途中で、アップルストアに寄ったわけです。

実はこれまで、iPodを買ったことがありませんでした。
オフィスではSONYのHDDプレイヤーにジャズのCDを転送しておいて
1日中流しっぱなしにしているのですが、
外出先とか移動中に音楽を聴く習慣はありません。
イヤホンとかヘッドホンをつけ続けていると耳が痛くなってしまうのです。
飛行機で海外に行くときも、あまりヘッドホンはしません。

それなのになぜ、iPod touchを買ってしまったのか?
それはMicrosoft Outlookとスケジュール同期ができること
無線LANでインターネットにアクセスできる点が
ものすごく魅力的に見えたからです。
それにあのユーザーインターフェースとマテリアル感。
これはぜひ購入して、自分の手で使い倒してみるしかない!
そう思ったのです。

8GBモデルと16GBモデルがありますが、
買ったのは8GBモデルの方。
そんなに音楽データとか持ち歩かないし
ビデオもDVDが2~3本入ればいいので、これで十分です。
どうせ16GBだって、中途半端な容量だし。
来年にでもなれば、もっと改良されたモデルも出ることでしょう。
とにかく今回は、新しいインターフェースをいじることに意味があります。

店頭で実物を見てびっくりしたのが、パッケージの小ささ。
下の写真がそれなのですが、縦横のサイズは文庫本より小さい。
なんだか香水のパッケージみたいです。

iPod touchの箱

中をあけてみるともう一度びっくり。
まともな付属品らしきものはUSBケーブルとイヤフォンだけで
電源アダプターもなければCD-ROMもありません。
マニュアルも素っ気ない、薄っぺらなものだけ。
充電はUSBでパソコンと接続して行うことを前提にしており
データのやりとりもiTunesありきで設計されています。
最初に電源を入れると「同期しろ」というメッセージが表示されるのみ。
つまりパソコンがなければ使いようがないというわけです。

iTunesの最新版をダウンロード/インストールしてから
最近新しく作ったWindows XPマシンに接続します。
ネットではWindowsマシンとの接続で障害発生のレポートがありますが
iPodのソフトウェアバージョンが1.1.1になっているせいか
問題なく接続できました。
Outlookの予定表との同期もOKです。

次はオフィスの無線LANとの接続。
これがなかなかうまくつながりません。
オフィスも自宅もWEPでパスコードを設定しているのですが
パスコードを入力してもぜんぜんつながらないのです。
そこでセキュリティをはずして見ると、あっさりつながります。
つまり物理的には問題ないわけですね。
もちろんセキュリティをはずしたままでは危険なので
設定をいろいろと変えてトライしてみます。
最終的にはWPAにして接続できたので、これでOKとします。

実は後でネットで調べてみると、
日本語のソフトウェアキーボードを使っていると、
無線LANとの接続がうまくいかないとのこと。
英語のソフトウェアキーボードに切り替えれば、問題なかったようです。
自宅の無線LANとの接続では、英語キーボードを選択することで
WEPの接続も問題なくできました。

タッチしてブラウズするスタイルが思った以上に快適で、はまってしまいます。
ダブルタップすればその部分がうまいこと拡大されますし
もう一度ダブルタップすれば、元の表示に戻ります。
画面は480×320とかなり小さいのですが、その小ささをあまり感じさせません。
2本の指を使ってつまむような仕草をすると、縮小表示されます。
この操作をピンチというそうなのですが、その反対の操作をすると、拡大します。
なんだか、便利というよりも、使っていることが快感です。
これはすごい。

mixiにアクセス

mixiもばっちりアクセスできます。

Google Mapのように、ドラッグ可能なインターフェースを持つページは
iPod touchそのもののドラッグ機能にオーバーライドされてしまうため
思ったように動きません。
地図の中身をドラッグしようとしても、ページ全体がドラッグされてしまうのです。
それでもiPod touchでGoogle Mapを使えるようにするWebアプリケーションが
複数の有志の方々によって作られているので、それを使うことにします。

もちろんいいことずくめではなく、問題もあります。
まずソフトウェアキーボードが、それほど使いやすくない。
指先でタッチするにはキーの大きさが小さいのです。
かといってペンは使えません。指でなければ反応しない。

それからブラウザ(Safari)が、ときどき“落ち”ます。
サイズが大きいページにアクセスすると、落ちる可能性が高いような・・・

予定表(iPod側ではカレンダー)の表示が、あまりカスタマイズできないのも残念。
せめて1週間を何曜日始まりにするかとか
文字の大きさなどを変更できれば、いいのになと思います。

全体的な印象としては、まだバグだらけといったところ。
でも、それでも使いたくなるのが、この製品のすごいところでしょう。
多少のバグなら許してしまえる使用感なのです。

こうなると、オフィスや自宅だけではなく、
外出先でもiPod touchでWebにアクセスしたくなります。
最近SA1Fとe-mobileのUSBタイプを購入しているので、
これらと組み合わせて「どこでも無線LAN環境」を作れないか?

・・・続きは来週。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。