カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

我、脱獄せり・爆走6000キロ

iPod touch
2007.10.31
この間気がついたら、自転車のオドメーターが
6000kmを超えていました。

ODOが6000kmを超えました

今年の2月25日に購入して、だいたい8ヶ月。
1ヶ月あたり、700~800km走った勘定になります。
我ながらよく走ったなあ、と思います。
タイヤはもう前後とも2回交換しました。
そろそろチェーンを交換しないといけません。
車よりもはるかに乗ってます。
このあいだ家族で車で出かけようと思ったら、
バッテリーが上がってセルモーターが回らず、JAFを呼びました。
よく考えてみたら2ヶ月間、車には乗ってなかったんですよ。

さて、それでは本題です。
今回もまた、iPod touchネタで行きます。
ちまたではiPod touchでiPhone用アプリを動かす方法として
Jailbreak(脱獄)の話題が盛り上がっているようなのですが
私もやっちゃったんです。脱獄。

iPod touchの中身は、サブセットとはいえOSXですから
早い話がUNIXが動いているわけです。
UNIX屋だった私としては、これはなんとしても
中身にアクセスしたくなります。

脱獄用のツールもどんどん進化していて
私は「touchFree 0.6」というツールを使ったんですが
実に簡単にできてしまいました。
その後のカスタマイズをガリガリやるには、
SSHやSFTP、UNIXコマンドなどの知識があった方がいいのですが
単に“脱獄”させるだけなら、簡単にできると思います。
(もちろんその結果何が起こっても自己責任ですが)

Jailbreakの方法は、検索すれば
いくつものサイトで紹介されているので、ここでは省略。
Jailbreak後、使えそうなアプリをインストールして、
アイコンを自分の好きなように並べ替えたのが以下の画面です。

メニュー画面1

メニュー画面2

アイコンの並べ替えは、iPodの中にある
「N45AP.plist」というファイルの中身をいじればいいのですが
ネット上にいいツールがあったので、これを使いました。

http://alchemist.name/itouch/beta2/plist.aspx

なかなかよくできています。すばらしい。
これでカスタマイズされた N45AP.plistを適用すると
カレンダーで予定の追加・編集も可能になっちゃいます。

カレンダーに「+」が・・・

予定の追加が可能になった

アプリが増える、カレンダーの機能が拡張される、というのも魅力なのですが
私にとっての最大のメリットは、
Safariでローカルファイルにアクセスできることです。

iPod touchのSafariは、Webデータをローカルに保存できません。
そのためWebを見るためには、常に無線LANが使えないとダメなのです。
でも屋外で無線LANにアクセスするのは、意外と難しい。
前回はそのひとつの解決策として「どこでも無線LAN」環境を作ったのですが
それでも(1)ノートPCの電源を入れて、(2)リンクが確立されるのを待つ
というのは、なかなかに煩わしいことなのですよ。
必要になるとわかっている情報は、できればオフラインで見たい。

情報をオフラインで見る方法としては、情報をJPEG化して
「写真」のアイテムとして見る方法もあります。
実はすでにこの方法も行っているのですが
iPodに転送する際に画像が“最適化”されてしまい
細かい文字がぼやけてしまうという問題を抱えています。
名刺程度の情報量ならいいのですが、
地図とか時刻表といったものは、あまり実用的ではない。
でもSafariでローカルのJPEGにアクセスできれば
高解像度でこれらのファイルを閲覧できるはずなのです。

ローカルファイルをSafariで見るためには
Lighttpというアプリケーションを導入する必要があります。
これを導入すると、httpdが動き、iPodがWebサーバーになるのです。
導入は簡単。インストーラーから導入すればOKです。
その後、Safariで「http://localhost/」にアクセスすると
次のような画面が表示されます。

Lighttpを動かす

あとは、参照したいファイルをSFTPでiPodに放り込み、
index.htmlを書き換えればいい。
例えば「東京地下鉄マップ」なら、次のように表示されます。

ローカルファイルもきれいに表示可能

ピンチイン、ピンチアウトで拡大・縮小できますし
拡大したときもきれいに表示されます。
表示データが大きいと拡大にちょっと時間がかかりますが
「写真」のアイテムとして見るのに比べれば、天国のようです。
iPod touchで地図や時刻表を持ち歩きたい人、お勧めですよ。
(ただし、くどいようですが自己責任で・・・)

いやあ、こりゃあ面白いわ。
こんな薄っぺらいガジェットでUNIXが動くなんて、
すごい時代になったもんだと思います。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。