カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

落車しました。

自転車
2008.01.30
先週金曜日の夜、自宅の近くで自転車に乗っていて落車しました。オフィスからの帰宅途中なので、“落車”というよりは“転倒”といった方が正しいのかもしれません。とにかく自転車で単独事故を起こして、怪我をしてしまったのです。

転倒前後のことは、あまり記憶がありません。あっという間にバランスを崩して地面に投げ出され、気がついたら倒れていました。どうやら顔をひどく打ったらしく、顔のどこかから血が流れています。自宅まで歩いて後5分くらいなので、とりあえず自転車を起こして、押しながら歩き始めました。

唇が切れているらしく、舌でさわるとかなり変形しています。眼鏡もうまくかからず、周りがよく見えません。そしてそれ以上に怖かったのは、自宅がどこにあるのかよくわからなくなっていたことです。いつもなら自宅の周りのイメージやそこに至るまでの道のりなどが、すぐにアタマに浮かぶのですが、なかなか思い浮かびません。とりあえずこちらだろうと思える方向に歩き、無理矢理記憶の引き出しを探りながら、ようやく自宅にたどり着きました。たぶんショックによる一時的な錯乱だったのでしょう。

すぐに妻に救急対応してもらえる病院を探してもらい、一緒にタクシーに乗り込みます。たどり着いた病院では先に電話をしたにもかかわらず、ドクターが急に出かけてしまったとのこと。そこで別の病院を紹介してもらい、そこで口の中の処置、頭部レントゲン撮影、CTスキャンを行います。

唇の内側がかなり切れており、上唇を4針、下唇を8針縫いました。感染して膿が出る可能性が高いということで、下唇には“膿出し”用の管も入れられました。頭部レントゲンとCTスキャンの結果は、特に異常なし。左目の周りがはれていて、結膜出血も起こしていたのですが、翌日見てもらった眼科の先生によれば、目にも特に異常なしということでした。

かけていた眼鏡はごらんの通り、まるで電撃ネットワークの南部さんがかけるサングラスのようにひん曲がっています(写真下)。眼鏡は商売道具でもあるので、つねにいくつかの予備を用意しています。しばらくはこの予備の眼鏡(写真上)でしのぐしかありません。

へしゃげた眼鏡


顔もひどい状態です。下の写真は、怪我をしてから12時間後のものです。顔のあちこちが腫れ上がり、鼻から口にかけて瘡蓋だらけ。口もうまくしまりません。

12時間後


その後の経過は以下の通り。3日後、5日後の写真です。

3日後

5日後


3日後に唇が閉まるようになり、左目の腫れも少し引いてきました。でもまだ口の中には糸が入っていますし、膿出し用の管もあります。食事をするときにこの管を噛んでしまうので、必要なものだとはいえ、けっこう邪魔です。

4日後には膿出し用の管が取れ、口がもう少し自由に動くようになりました。でも食事のたびに口の中が痛みます。先週親不知を抜いた後も痛みます。左目は確かに問題なく見えるのですが、涙が出やすく、仕事をしているとかなり疲れます。

それでも5日間で、かなり回復していることを実感しています。人体の快復力に、改めて驚いています。今週の金曜には唇の抜糸を行います。特に何もなければ、来週にはかなり良くなっているでしょう。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。