カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

熊谷へゴー!

自転車
2008.04.13
 昨日、熊谷まで行って来ました。日帰りで。自転車で。

 なぜ熊谷なのか。そこに熊谷があるからさ。ウソです。荒川サイクリングロードの起点が熊谷駅近くの荒川大橋あたりだと、ネットで読んだからです。いつも走っているサイクリングロードを走りきってみたい。これは自転車乗りの本能みたいなものなんですよ。(ホントか?)

 出発時刻は朝の10時。これから往復約150キロを、暗くなる前に走りきらなければなりません。荒川サイクリングロードは照明がほとんど(というかほぼまったく)ないので、暗くなると視界がとても悪くなり、危険だからです。

 まずはコンビニでエネルギー源を調達。おにぎり3個と500ccのお茶を購入します。お茶は自転車のボトル入れに差し込み、おにぎりはナップサックに放り込んで荒川を目指します。いつものように新芝川沿いを走り、芝川水門へ。さらに鹿浜橋をわたり、荒川右岸のサイクリングロードに出ます。

写真1


 いつもはここから南下して新砂を目指すのですが、今日は北上します。走り始めるとすぐに岩淵水門、そこからまたしばらく走ると朝霞水門。さらに走ると秋ヶ瀬橋に出ます。

写真2 写真3


 秋ヶ瀬橋をわたり、荒川左岸の秋ヶ瀬公園へ。

写真4


 公園内を走り抜けて、羽根倉橋をくぐると、再びサイクリングコースになります。

写真5


 しばらく走ると国道16号線とぶつかります。ここで左に曲がると川越に向かいます。通常であればここで上江橋をわたって荒川右岸のサイクリングロードに出るのですが、今日は荒川左岸にある「榎本牧場」に寄りたかったので、16号をくぐってそのまま直進します。

写真6


 ここからしばらくは、牧歌的な風景が続きます。というか、本当に牛が放牧されています。サイクリングロードの両側に、牛が何頭も・・・。まるで牧場の中にいるようです。

写真7


 12時半頃、榎本牧場に到着。お目当てはジェラートです。ちょっとだけ休憩。

写真8


 この後、一般道に出たり、サイクリングロードに戻ったりしながら、太郎右衛門橋まで荒川左岸を走ります。その後、太郎右衛門橋を渡って荒川右岸へ。ここからは一直線のサイクリングロードがしばらく続きます。

写真9


 糠田橋まで到着したら、橋を渡って再び荒川左岸へ。サイクリングロードの両側は一面の菜の花です。

写真10


 ここまで来れば、目的地はもうすぐです。途中で一般道に降りて、ひたすら北西へ。熊谷駅に到着したのは14時半。走行距離は75kmでした。

写真11


 証拠写真を撮って、コンビニで飲み物を補給し、すぐに帰路に就きます。急がないと日が暮れてしまうからです。

 ここまでの所要時間は約4時間半。日没時刻は18時15分頃なので、4時間程度で帰宅することが望まれます。そこで帰りは、太郎右衛門橋から上江橋の間を荒川右岸を走ることにして、経路を短縮することにします。

 右膝が痛くなっていて、あまり力を入れることができません。坂道を上るのがきついのですが、幸いなことに平坦な道が続きます。それでもいつもに比べて1~2割減のスピードになってしまいます。とにかく「一歩踏み込みゃその分進む」と唱えながら、前進を続けていきます。

 自宅に到着したのは18時半。それほど悪くないペースです。往復の走行距離は143m。もう足はガクガクです。とっても疲れましたが、面白い体験になりました。

写真12


 そうそう、ついでにもうひとつ。このあいだの水曜日に44歳になりました。娘がケーキを焼いてくれたので、その写真も載せておきます。

写真13


 実年齢は44歳ですが、私の主観的な年齢は32歳です。まだまだ若造なんですよ。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。