カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

きっかけは知り合いの依頼

アフターベジタの日々
2007.06.29
さて前回、大まかに条件を決めた上で
「次のビジネスは何にするか・・・」と考えていたことをお話しましたが
ゴールデンウィーク明けの連休明けの5月9日に
「ひょっとしたら条件に合うかも知れない」と思えるタネが
ふわふわっとアタマに浮かんできました。
それは“パーソナリティ・ブランディング”という言葉です。


きっかけになったのは、美容外科を経営する知り合いからの依頼でした。
「現在のホームページがいまひとつなので、何とかしたい」とのこと。
実際にアクセスしてみると、確かにおっしゃるとおり。
たとえば「工事中」のページがいくつか残っていたり
サービス内容の説明があまり充実していなかったり
スタッフ日記が更新されていなかったりと
いろいろと問題を指摘できる状況だったのです。

これらの問題を指摘して解決してもらうのは、
それほど難しい話ではありません。
でも私は、
「根本的な問題はブランディングに対するスタンスにある」
と感じました。
つまり小手先でホームページを改善しても
問題は解決しないと考えたのです。

“ブランディング”に関する私の考え方は、
また別途お話ししたいと思うのですが
私がこの依頼に対して最初に行ったのは
この知り合いの医院に、現在どのような強みや弱みがあるのか、
業界でどのようなポジションを狙っているのか、
そしてそのポジションを得るために、どのような覚悟を持っているのかを
総院長(経営トップ)自身に直接お聞きすることでした。
これによって方向性を明確化することで
どのようなブランディングを行うべきかが見えてきます。

ここでは細かいことはかけないのですが
実際にお話を伺うと、ひとつ重要な柱が見えてきました。
この医院では、総院長自身の技術的スキルと知識が
最も大きな競争力の源泉になっているということです。

もしそうであれば、まず総院長のスキルと知識を
いかにして売り込むかがブランディングの鍵になります。
ここで私のアタマに浮かんだのが、
前述の「パーソナリティ・ブランディング」という言葉でした。
総院長の名前で継続的に情報を発信することで
彼自身のパーソナリティをブランド化し、
それを梃子にして医院全体のポジションを強化する
という考え方です。

この考え方は、他の企業でも使えそうです。
特に知識集約型のサービス業では、かなり大きな効果を発揮しそうです。
情報発信のツールとしては、ブログが使えます。
私が「東京ベジタ計画」で行ったことと同じようなことを
ブランディングの観点から戦略的に実施すればいいわけです。
もちろんブログにも弱点はあるのですが
それは他のツールを組み合わせればいいだけの話です。

さっそく私は「パーソナリティ・ブランディングのすすめ」という
提案書(のようなもの)を作成し、提示します。
もちろん彼自身は非常に忙しい人なので
実際の作業をこちらで請け負うことも提案しました。
1~2週に1回ミーティングを行って話題を提供してもらい
私がそれをまとめて、彼自身にチェックしてもらった上で
週に1回の頻度でブログに掲載する、というわけです。

実際に私が行っている作業は、
・ブランディング戦略とスキームの立案
・ネタ出しのためのインタビュー
・文章作成
・ブログ更新
といったところです。
コピーライター時代にやっていたことと、ほとんど変わりません。
つまり手慣れた作業です。

またこの作業を進めながら、
「パーソナリティ・ブランディング」という言葉の
商標登録申請もすませました。
この言葉は重要な“コンセプトワード”のひとつになりそうなので
あとで使えなくなるリスクを排除しておきたかったからです。

ここで問題になるのが、価格設定をどうするかでした。
現在は私にとってもテスト段階なので、
まだノーギャラで作業を進めているのですが
価格設定を明確にしなければビジネス化できません。
これについては今でもまだ悩んでいます。

でもブログを活用した「パーソナリティ・ブランディング」へのニーズは
今後まちがいなく高まっていくだろうと確信しています。
なぜそう確信できるのか。それは「Web 2.0」の登場で
ブランディングがひとつの変革期に来ていると感じられるからです。

さて、アフターベジタの日々を振り返るのは、
このあたりでおしまいにしましょう。
次回からは、Web 2.0時代にブランディングがどうなるのか
私自身の考えを、少しずつお話ししていきたいと思います。

スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。