カテゴリー

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

スポンサー広告
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

今回の株価変動で感じたこと(1)

未分類
2008.10.31
 リーマンブラザーズの破綻から、株価が乱高下してますね。2008年6月頃には14000円程度だった日経平均株価も、先日7000円近くまで下がり、また9000円くらいまで上がっています。すでに保有していた株価が下落して痛い思いをしている方にとっては、まさに「暴落」という表現がぴったりなのかもしれません。

 でも個人的には今回の株価の動きを「面白いものだなあ」と思いながら眺めています。もちろん私が保有していた株も大きく値を下げていますが、ここまで株式市場全体が低迷すると、新たに株を買い増すチャンスでもあります。キャッチコピーを付けるとすると「リーマン破綻!半額大セール!」といったところでしょうか。日本だけではなく世界中の企業が、まさにバーゲン価格で売り出されているわけです。

 結局のところキャピタルゲイン狙いの投資は、純粋な意味での「投資」ではなく、どこかしら「投機」の色合いを含んでいます。「投機」は結局のところ博打の一種であり、勝つときもあれば負けるときもあります。ある程度のキャッシュさえ持っていれば、誰でも参加できる「ゲーム」なのです。

 また投機というものは、手持ちの資産の形を変換する作業に過ぎない、と定義することもできます。例えば株を購入するということは、「キャッシュ」という右手の上から、「株式」という左手の上に、「資産」というボールを移し替えることです。右手と左手の大きさは株式市場の動向によって、相対的に変化します。左手に資産を移した後に左手が右手より大きくなれば、その上の資産も一緒に大きくなる。私はそんなイメージをもっています。

 もちろん資産の形はキャッシュと現金だけではありません。債権とか外貨とか不動産とか金とか、他にもいくつかの形が考えられます。結局のところ、これらの複数の手の上で資産をお手玉しながら、どれだけ資産というボールを大きくできるのか。これが投機というゲームなのでしょう。

 このように考えると、今は多くのプレイヤーが、資産を「キャッシュ」という手のひらに載せ替えている状況だといえます。世界的に株価が下がり、原油価格も下がり、不動産価格も下がりつつあります。日本の株価が下がっているのに円高が進んだのも、多くのプレイヤーが投機の選択肢として、ドルや円というキャッシュの枠からはみ出しにくいからだといえます。

 このような状況では、株価はちょっとしたことでも、大きく変動する傾向を持つと思います。投機を行うプレイヤーにとって、いつまでも資産を右手(キャッシュ)の上に置き続けるのは得策ではないからです。異なる通貨間で資産を移動しても、キャピタルゲインはたかが知れています。きっかけがあれば左手(株式)の上に資産を移したい、でもそのきっかけがなかなかつかめない、というのが、多くの投機家の本音ではないでしょうか。

 最近のフォルクスワーゲンの値動きを見ても、この心理が読みとれます。ポルシェによる買収の話が出た後一気に株価が上昇し、その後また一気に下落しています。これからしばらくの間は、このような値動きをする株がいくつも登場するような気がします。

 いずれにしても投機には、常に運の要素が残ります。儲けようと思って参加したのであれば、損をするのも自己責任です。株式を売買する時には、常にこのことを意識すべきです。

 でも株価下落で銀行の自己資本率が下がり、貸し渋りや貸しはがしが起きるのは、ちょっと困りものですね。銀行として安定した機能を提供するには、銀行の株式保有は、やはり制限すべきではないかと感じています。直接金融と間接金融が相互に補完的な役割を果たすようにするには、どのような取り組みが必要なのか。これは金融業界が社会的責務を果たす上で、重要な課題になると思います。「晴れの日には傘を貸してくれるのに、雨が降ると傘を持っていってしまう」と言われないためにもね。

 なおここに書かれていることに基づいて行動を起こしたとしても、その結果について当方は一切関知いたしません。当たり前のことですけど、念のため。
スポンサーサイト

ベンチャーブログのランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ベンチャーブログへ

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。